大事なことは続けること – 続けられない者が上に行けるはずがない。


2013年9月20日

サイコパス。

Category: 未分類 – coola – 8:08 PM

 そう聞くとどこか恐ろしいイメージがないだろうか。
 サイコパスとは簡単に言えば我儘な人間である。痛みには無頓着で
自分の中でのルールに着実にいきている人間である。
 口が上手く、一見普通の人間に見えるが、サイコパスはそれを演じる事がで
きる人もいる。いわゆる人間ってこうなんでしょ? 知ってる。といったモノ
 誰しもが人を恨んだり、邪魔だなと思ったりする。ただ普通の人間は一旦ブ
レーキをかけ、これは大丈夫だろうか。誰かに迷惑をかける。などと考える
が、サイコパスにはそれはない、懇願されようとも耳に届く事はない。
 ただサイコパスとして生きる人もいる。外国の医者は自分でサイコパスだと
思うといった。
 「手術になると私は血も震えも恐れも無くなる。なにかのスイッチが入るん
だ。たぶんサイコパシー的な所はあるね」
 社会に貢献する人から、人を傷つけるひとまで、とても線引きが難しく賢い
人が多い。自分の人生でも1人だけ中学の時にそういう奴はいた。
 物凄く温厚で笑顔も素敵、数学の先生に「お前の方が頭が良い」と言わしめ
るほど賢い人間だったが、急にキレたりとスイッチが分からない男だった。
 彼には前者の方になってもらいたいが、もしそうならば後者だろう。

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 | TrackBack URI

コメントする

XHTML ( You can use these tags): <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> .