大事なことは続けること – 続けられない者が上に行けるはずがない。


2015年12月18日

これらを見た場合

Category: 未分類 – coola – 6:56 AM

多種多様にあるキャッシングの審査の観点から比較してみると、その審査基準もいろいろあるとことが言えます。一言でお金の借入れといっても、銀行であったり大手の会社であったり、独立系のものなどが存在し多様です。これらを比較した際、当然ながら審査が幾分あまい会社、通りづらい会社と分かれます。まず初めに、同時にキャッシングする会社は、3社が判定の目安と図れます。キャッシング件数が3社が借り入れ金額が一年間の収入の3分の1以下であれば、金融機関であっても手続きをクリアする確率は高いといえます。銀行はたいてい利息が少なめに設定してくれてますので、活用することであればそちらのほうがお勧めでしょう。借り入れ件数が仮に4件を超えている際は、銀行系は難しくなるといえます。なのですが、2006年に新しくできた出資法や貸金業規制法などの法の改正により、利子が下げられ、金融機関系ではキャッシングがパスしずらい方向にあるのです。銀行でも、もっと審査基準に対して慎重になるはずです。また、審査基準の甘い会社とうわさの業者でも、安易に申し込めばよいわけでもありません。万が一、先にそのキャッシング会社に当たって情報を調査せずに申し入れをし、審査をパスしなかった時は、その審査情報は個人信用情報機関に記録されます。信用情報機関に保管されるスパンは3ヶ月~6ヶ月ですので、その期間、個人信用情報機関の情報が汚れてしまうということになります。汚れたからといって即座に借りられないというわけでもでないですが、その記録を閲覧する業者の審査基準には、当然多かれ少なかれ影響があるでしょう。比較的通りやすいといわれる審査項目を持つ会社でも、個人信用情報機関に情報が登録されるいることによりキャッシングできなくなることもあるかもしれません。

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 | TrackBack URI

コメントする

XHTML ( You can use these tags): <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> .