大事なことは続けること – 続けられない者が上に行けるはずがない。


2015年7月14日

汚れてしまうことになります

Category: 未分類 – coola – 6:36 PM

多様にあるキャッシングサービスの審査基準の切り口から見てみると、その基準もまた多種多様であるということが図れます。一口にキャッシングサービスと呼んでも、金融機関系のものであったり大手の会社であったり、独立系のものなどます。それらのキャッシング業者を比べた際、明らかに、手続きが甘い会社、その逆の通りづらい会社に、はっきり分かれていきます。まず初めに、合わせてキャッシングする件数は、多くて3社というのが目安になります。キャッシング業者が3社以内で、キャッシングをしている金額が一年間の収入の3分の1以下であれば、金融機関であっても審査項目に通過する確率は高いといえます。銀行系はたいてい借りたお金に対しての利子が低めに設定してくれてますので、利用をするということであればそちらのほうがお勧めです。融資を受ける件数がもし融資を受けている件数が4件を超えている際は、金融機関は難しくなるはずです。しかし、2006年からできた制度の出資法や貸金業規制法などの法改正により、利息の上限が引き下げられ、銀行系ではキャッシングが通りづらい傾向にあるようです。銀行系でも、もっと審査基準に対して慎重になっているということです。また、審査のゆるい会社と人気のキャッシング会社でも、安易に審査依頼するればよいわけでもないです。もしも、事前にその企業に関して情報を調べずに申し入れをし、手続きに通過しなかった場合は、その情報は個人信用情報機関に記録されてしまいます。信用情報機関に保存されるスパンは3ヶ月から6ヶ月なのです。その際、個人信用情報機関の個人記録汚れてしまうということになります。汚れたからといってただちに借りられないわけでもないですが、その個人情報を閲覧する企業の審査には、当然少なからず影響があるはずです。割と甘いといわれている審査をする会社でも、個人信用情報機関に個人情報が登録されるいることによりキャッシングできなくなることもあるかもしれないのです。

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 | TrackBack URI

コメントする

XHTML ( You can use these tags): <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> .