大事なことは続けること – 続けられない者が上に行けるはずがない。


2015年7月9日

銀行は難しくなります

Category: 未分類 – coola – 7:51 AM

様々あるお金の借入れの手続きの視点から比べるてみると、その審査も様々であるとことが考えられます。
お金の借入れと呼んでも、銀行であったり大手の企業であったり、さらに個人のものなどあり様々です。
それらを見た際、自然に、審査基準が簡単な会社、その逆の通りづらい会社と分かれていきます。
初め、同時に融資を受ける会社は、三社が判定の基準になります。
お金の借入れ会社が3社以内で、キャッシング金額が年間の収入の3分の1より少なければ、金融機関であっても審査をパスする見込みは高いです。
銀行はどの業者よりも利息が低く設定していますので、利用するということであれば銀行がベストです。
融資を受ける件数が仮にお金の借入れ件数が四件を上回っている場合、銀行は難しくなるはずです。
但し、2006年からできた制度の貸金業規制法や出資法などの法の改正により、利息の上限金利が引き下げられ、銀行系ではキャッシングがパスしずらい方向にあります。
銀行系でも、もっと手続きに関しては通りづらくなってきているということです。
また、審査項目のゆるい会社とうわさの企業でも、なりふり構わず審査依頼するればよいというわけでもありません。
万が一、事前にその業者に関して情報を調べずに申し込み、審査をクリアしなかった際は、その情報は個人信用情報機関に記録されます。
信用情報機関に登録される時間は三ヶ月~六ヶ月なので、その期間、個人信用情報機関の情報が汚れてしまうことになります。
汚れたからといって必ず借りられないことでもありませんが、その記録を参考にする企業の審査項目には、当然少なからず影響があります。
割と幾分甘いといわれる審査基準を持つ業者でも、個人信用情報機関に情報が登録されるいることによりキャッシングできなくなる場合もあるかもしれないのです。

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 | TrackBack URI

コメントする

XHTML ( You can use these tags): <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> .