大事なことは続けること – 続けられない者が上に行けるはずがない。


2015年4月20日

チョコレートとガム

Category: 未分類 – coola – 5:01 AM

まさかチョコレートとガムを一緒に食べたという方はいらっしゃるのでしょうか。では、ガムを噛んでいるときにチョコレートを一緒に食べるとどうなるのでしょうか。実はガムが溶け始め、最後にはなくなってしまうようです。この現象は、ガムベースが融資となじみやすい性質によって起きるようです。ガムベースとは、ガムを噛んだ時、口の中にいつまでも塊として残っている成分のことです。木から取った樹液を煮詰めた植物樹脂に、酢酸ビニル樹脂などの人工樹脂などをまずたもので、行内の温度でちょうど良い固さになるように調整されているのがガムベースです。ガムベースは、水にはなじみませんが、融資にはなじみやすいという性質を持っているそうです。そのため、チョコレートと一緒に食べると、チョコレートに含まれる油脂成分のココアバターがガムベースとまざり合ってとけ、ガムベースをトロトロにしてしまうタメ、最後にはなくなってしまうということです。勇気のある方は一度お試しになってみてはいかがでしょうか。

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. | TrackBack URI

Leave a comment

You must be logged in to post a comment.