大事なことは続けること – 続けられない者が上に行けるはずがない。


2015年1月13日

どんな通貨で取引するにも

Category: 未分類 – coola – 5:01 PM

ドルの動向は最も大きい影響を与えますから、アメリカの金融政策に関しては日ごろから流行の情報を入手してください。またこれは人間心理の弱点ですが、プロフィットは早く確定しマイナスはなかなか確定できないのが通例なのでしょう。
経済指標が市場予測に比べて意外だった場合は為替の動きの予測は難しいということになるので、ファンダメンタルズ分析だけで着実に当てることは困難なということなのです。スローストキャスティクスという指標は、もみ合い相場での使用に特長がありますから、わりに大切だといえます。
取引きには順張りと逆張りがありますが、徐々に小さな利益を積み重ねていくスタイルが目標なら、順張りがお勧めです。スワップをコツコツ貯めて地道に次々と稼ぐのか、トレンドに乗って為替差益を狙って稼ぐのかによって、トレードスタンスも変わってきますね。
逆張り系のテクニカル分析の大切な点をいうと、ボリンジャーバンドが効果的です。これからの相場のレンジや反転を推定できるからです。相場の局面に左右されにくい投資配分を使用した安堵できる取り引きをしたいものです。またユーロドル(EUR/USD)は、外国為替市場では最も高額の取引高で、慣れてきたら是非アタックしたい通貨ペアです。

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 | TrackBack URI

コメントする

XHTML ( You can use these tags): <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> .