大事なことは続けること – 続けられない者が上に行けるはずがない。


2014年10月11日

仕事上の評価 その⑤

Category: 未分類 – coola – 11:01 PM

では、仕事上の評価にどのような要素を求めていけばよいのでしょうか?少なくとも、その職務の実践において、社会的な人格が認められることを最大の条件とすべきといえるでしょう。
それは、賃金や労働条件といった経済的な側面に反映されるであろうし、そのバロメーターとしての暮らし向きや人生の充実度合いなど、人としてどうであるのかといった要素にも反映されるでしょう。
そうした事柄を総合的に考慮したうえで、自分が仕事上の正当な評価を得ているかどうか判断してゆくのがよいでしょう。
また、評価を得ようとして、また、評価が得られないからといって、過剰に頑張ることには危険性があります。
能力を超えた頑張りをしなくてはならないということは、自分の能力に合った仕事に就くことが出来ていないということです。
また、そういった就業の機会が提供されていない、如いては、そういった適切な社会システムが整備されていないという問題につながります。
このことについては、次でお話しましょう。

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 | TrackBack URI

コメントする

XHTML ( You can use these tags): <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> .