大事なことは続けること – 続けられない者が上に行けるはずがない。


2017年2月7日

お手本にしたいスピーチ

Category: 未分類 – coola – 12:26 AM

おそらく普段の会話は割と、パッと話を連ねていることが多いはずです。
それを意識しして、一呼吸おいてゆっくりと相手に伝える。
その感覚を保てるようにしていきましょう。
その練習方法として、お手本にしたいスピーチの人に合わせて
自分もその速度に合わせて話す方法をとってみてください。
どなたか、牧師さんなど上手な方の話をボイスレコーダなりCDで持っていて、
その速度をマネして自分もなぞりトレーニングをしていく方法です。
これをシャドーイング(Shadowing)といいます。
意外とリズムとテンポを掴んでいくには有効な方法です。
脳におそらく、テンポがメトロノームのように刻み込まれていくのだと思います。
あがり症改善プログラム・ホンネの口コミと効果

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 | TrackBack URI

コメントする

XHTML ( You can use these tags): <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> .