大事なことは続けること – 続けられない者が上に行けるはずがない。


2014年12月30日

赤ワインポリフェノールなど

Category: 未分類 – coola 4:46 AM

顔の肌へのダメージが少ないボディソープを愛用しているという人も、お風呂から出た後は細胞構成物質をも除去されてしまうため、即刻肌に水分も補給して、顔の肌の環境を改善しましょう。
肌荒れで深く考え込んでいるストレスまみれのタイプに方は、おおよそ便秘に手をこまねいているのではないでしょうか?ひょっとして肌荒れの発生要因はお通じがあまりよくないという点に関係するかもしれません。
最近ではポリフェノールの一種であるイソフラボンなどが配合されているスキンケアも登場していて、そのスキンケア能力、効果などが注目されています。
ポリフェノールは、赤ワインなどに代表されるような赤ワインポリフェノールなどもエイジング効果としても、デトックス効果としても注目されていますよね。
日常的に様々なポリフェノールを摂取することが重要になるようです。

2014年12月29日

メタボリックシンドロームだけにはなりたくないです

Category: 未分類 – coola 2:56 PM

肝硬変とか怖そうですからね。まあこれだけ体操していれば大丈夫だとは思いますが。ノースリーブの洋服を着るのに脂肪プヨプヨの二の腕はすごく恥ずかしいので、夏に向けてシェイプアップ中です。時々足の太さがコンプレックスになって、たくさんの食材を補うことを避け、日ごろから運動をすることでなんとかコンプレックスの解消を目指しています。
甘いもの好きな方は糖質を摂り過ぎなことがあるので、一度に多量の量に食べないよう阻害することです。目標体重を決めたら、摂るべき栄養素、摂取するべきでない糖、脂肪を日々認識してください。また、摂取する塩分を控えると内臓脂肪症候群にも高脂血症にも予防の効果があり、痩身にも有効です。脂質に用心したいひとは、てんぷらの衣をはずすなどして、脂分をなるべく摂らないよう調節しましょう。
おすすめなのが、バランスボールです。バランスボールは不安定なため、無意識のうちに肉体がバランスを継続するために、普段使わないポイントの筋肉を自然に使うことができ、適切なのです。テレビを見ていてCMになったら、その時間で背筋などにトライしてカラダを動かします。それだけでも体にいい減量になります。肥満解消器具の魅力とメリットは、わざわざ外へ出かけないでも、ヘルシーな体操を家の中で出来たり、暇な時間に出来るという手軽さにあります。集中して行ったダイエットの後、元の生活に戻るといつの間にか体重がリバウンドするので用心が必要です。ちょっとした運動の積み重ねを日常的に習慣にすることによってリバウンドを防ぎます。
【PR】
宮城県の車下取り ※愛車を一番高く売る方法
宮城県で車を一番高く売るなら一括査定サイトを利用することをお薦めします。車下取りや車買取りなど言い方はさまざまです。宮城県での車下取り希望でお薦めの一括査定サイトとは?

2014年12月26日

NHKお天気お姉さん・岡村真美子に変態ダブル不倫が発覚しました

Category: 未分類 – coola 12:36 AM

週刊文春のスクープによると、NHK「ニュース7」のお天気お姉さん・岡村真美子が、気象予報士と気象庁関係者の2名とダブル不倫していることが発覚しました。週刊文春の調査では、岡村真美子はなにも答えず、気象予報士は否定し、気象庁関係者は事実を認めたそうです。岡村真美子は、1984年1月に山梨県甲府市で生まれた気象予報士です。岡村真美子は、山梨県立甲府第一高等学校を経て、国立音楽大学音楽学部器楽学科を卒業しました。大学では、音楽家を目指して活動をしていました。大学卒業後に、気象キャスターとして活動を開始し、2011年からNHKニュース7の気象情報を担当するようになりました。
テレビに出演していると、男性との出会いも多く、婚活の必要は無いようです。しかし、一般の人の場合は、仕事が忙しく、男性との出会いも少ないことが多いので、婚活を行う必要があります。相談所に登録して、婚活に努力することにより多くの出会いが得られます。

2014年12月16日

人事は楽なお仕事

Category: 未分類 – coola 1:01 AM

世の中には色々な仕事がありますが、仕事道具の使い方が下手でも出来る仕事というのは、あまりありません。
なお、ここで言う道具とは無形のものも含みます。
たとえば、営業マンならトーク術が仕事道具ですね。
ところが、世の中でも有名で人数も多い仕事にこの「下手でも出来る仕事」があるのです。
それは「人事」。
人事は人間を部署に配置する事が仕事。このために必要な道具は「人間を知る能力」です。
ですが、人事の多くはこの「人間を知る能力」が下手です。
話下手を営業に回し、人と話す事が生きがいの人物をコンピュータしかない開発室に閉じ込める。なんてのはざら。
人の配置をサイコロで決めているのでは?なんて疑われる人事部も少なくないでしょう。
だから世間でミスマッチなんて言葉が流行するのです。
これは兵器(飛行機)でたとえるとよく判ります。
敵戦闘機を雷撃機で迎撃し、戦闘機で物資を輸送し、大型輸送機を連絡用に使って、小型の連絡機で敵戦艦を攻撃する。
そんな事をやっていたら、どんなに高性能な機体を用意して優秀なパイロットを揃えても、戦いには勝てません。
ですが、多くの企業でこのようなやり方がまかり通っているのです。
以前は経済状況が安定して、役員も人事も「前任者と同じ事」をやればよいという状況のため、成功を引き継いでいました。
飛行機の例で言えば、敵兵士を銃爆撃だけしていればよかったので、皆邪魔者の居ない戦場を考えることなく飛んでいたのです。
性能や腕、搭載能力なんて関係ない。適当に機銃を撃ったり小型爆弾をばらまくだけで用事が済んだのです。
ですが、バブル崩壊以降は「前任者と同じ事」をやっていては業績は下がる一方。
状況は複雑化し、何を為すべきか自分の頭を使って考える時代になりました。
飛行機の例で言えば、敵戦闘機が現れ、敵戦艦も現れ、輸送任務や連絡業務もしなければならなくなった。という状況です。
本来なら「適所適配」をしなければならないのですが、長年「人間を知る能力」を磨く事が無かったため、頓珍漢な配置を平気でやってしまうのです。
ですが、それで彼ら役員や人事部が責任を問われることはありません。
責任は配置された側の人員が取らされるのです。
敵戦闘機を落とせない雷撃機が「性能が悪い」と言われ、そのパイロットは「下手くそ」と言われてしまうのです。
荷物積むのに向かない戦闘機が「積み荷が少ない」と言われ、そのパイロットは「馬鹿者」と言われてしまうのです。
鈍足で到着まで時間のかかる大型輸送機が「連絡が遅い」と言われ、そのパイロットは「ボンクラ」と言われてしまうのです。
機銃しか持たず、敵艦を沈めれない連絡機が「戦果が無い」と言われ、そのパイロットは「給料泥棒」と言われてしまうのです。
そんな配置・指揮をした人物は何も咎められないのに。
無能でも勤まり、失敗しても責任を負わない。
これ以上楽な商売はありませんね。